ドイツでラミネート床をDIY!

ドイツのアパートでは比較的自由に内装を変えたりすることができます。

契約によるとは思いますが基本的には退出時に元に戻せば、
壁に色を塗ったり穴を開けて棚を取りつけたりすることもOKです。

前にもこのブログで少し書きましたが、私は自分で床工事をしちゃいました!
念のため事前に大家さんに確認しましたがあっさり簡単にOK貰えました。

日本では家を買わない限りこういう事するのは難しいと思いますので
なかなかいい経験になりました。

ということで、需要は全然ないと思いますが…笑
自分の中ではかなり大きい出来事だったので、思い出として記録したいので記事にさせていただきます!

長いですがよろしければお付き合いくださいませ。

関連:【Laminatboden】ラミネート床を敷く!

情報収集


ラミネート板や必要な道具はOBIやBAUHAUSなどホームセンターで揃います。
0893.jpg
↑こちらはOBIにあったLaminatのDIYの方法が書かれた紙。
必要な材料等も書いてあって参考になりました。

ホームセンターのサイトではLaminatの敷き方が紹介している動画などもあり分かりやすいです。
Profi Tipps - Laminat verlegen(Bauhaus)
Laminat und Parkett verlegen(Hornbach)
Anleitung: Parkett und Laminat verlegen(OBI)

材料&道具


1181.jpg1176.jpg
Dampfbremsfolie / PE Folie(防湿シート)とペラペラのテープ
湿気を防ぐために一番下に敷くビニール素材のシートです。

1174.jpg
Trittschalldämmung(防音シート)
防音用のシート。色々な厚み・素材のものがありました。

0892.jpg
Laminat(ラミネート)
メインの床材!!これも厚みがいろいろあります。
簡単にDIYできる「Click Laminate」というのが多く、
これは糊や釘も不要で、はめ込んでいくだけで設置できます。

私の買ったのは6mmのものです。厚くなるほど敷くのが難しくなるというのと、
これ以上厚くなるとドアが開かなくなるということで一番薄いものにしました。
1㎡辺りいくらと値段がついていますが、3㎡分くらいが1パックになって売られていました。

買う前に部屋の大きさだけでなく、
防湿シート+防音シート+Laminatが何センチまでOKなのか厚みも測っておきます。
これをしっかり考えとかないとドアが開かなくなったりしてしまいます。


1178.jpg1180.jpg
Sockelleisten(巾木/幅木)、Innenecken(入隅)、Außenecken(出隅)
巾木という言葉はこの時初めて覚えました・・・!
壁の下のほう、床と壁の間に付いている板のことです。
Laminatを敷く場合は壁のところに端を少し開けて敷くのでそこを隠します。

入隅・出隅は部屋の角の部分です。
巾木はそういうところは斜めにカットしてピタッと併せるのですが、
ちょっと難しそうなので、角用のカバーを買ってきました。差し込むだけで簡単です!
安いので2個セットで4EURくらい。
家の中にはドアのところとか意外と角があって思った以上に掛りました…


1173.jpg1177.jpg
工具色々。
Keile(楔・くさび)…端に隙間を作るために入れておきます。

Zollstock(定規)、Bleistift(鉛筆)…木を切るときの目印につかいます。
Hammer(ハンマー)、Schlagklotz(当て木)、Zugeisen(引付金具)
左の写真中央は、当て木と楔、引付用の金具がセットになったLaminat用のセットです。
Laminatの板は当て木をして、ハンマーで打ってはめ込んでいきます。
引付金具は一番端の壁の間などをはめ込む時に、引っ掛けてハンマーで打つ用の道具です。

Stichsäge(のこぎり)
本当はBOSHのものが欲しかったのですが高いんですよねぇ~
引越し直後ホントにお金がなかったので
電動ののこぎり、ドリル、ヤスリなど色々セットになっている安いものにしました。


使った道具は大体こんなところです。
次は手順について紹介してみたいと思います。

1. 絨毯を剥がす


1185.jpg
絨毯がしっかり糊づけされていたのでこの作業が一番大変でした。
少しずつカッターで切って剥がしていきました。

1188.jpg絨毯の下はボロボロ。
一体何年前に敷かれたものなんだろう??

まさか10年以上前…?!
下からは古いコインが出てきました…



2.壁や床の修復


1172.jpg1175.jpg
壁の下の方にも絨毯が貼ってあったので、それを剥がしたら壁が一部削れている場所などありました。
ということで、壁の修復。
左の写真「Fertigspachtel」穴や傷を塞ぐセメントみたいなものです。
Spachtelがスクレーパーという意味。
壁に穴開けた時もこれで塞ぐことができます。

あとはペンキが剥がれてしまった所にはペンキを塗り、
もし床がでこぼこになっていたりしたら床も直して平らにし、ごみなどは綺麗に取り除きます。


防湿シートを敷く


1187.jpg
床・壁が綺麗になったら防湿シートを敷いていきます。
シートとシートの隙間はテープで止めていきます。

上の写真は皺が寄っていますが、もうちょっとピシッと敷いた方がよいです。
あまりにシワシワだと歩いた時に音がなってしまいやり直すことになるかも…

防音シートを敷く


1184.jpg
次は防音用のシートを敷きます。
防音シートも色々な種類が売っていましたが、これは線が書いてあってカットする時に便利でした。
厚さもいろいろあります。

これで下地が完成。


床を敷く


1186.jpg
板を並べていきます。ここからは楽しい作業です!
写真をあまり撮っていなかったので説明が難しいのですが
ラミナートの板にはベロの様なものが出ていて、ピッタリはめ込めるようになっています。

ちょっと浮かせたり斜めにしたりしないと綺麗にはまらなくて、
始めは難しいと思ったのですが、コツをつかむと楽勝です。

手ではめただけでは、まだ少し隙間が残ります。
そこで当て木をして、ハンマーで軽く叩くとピシッと嵌ります。
これで、触っても目で見てもつなぎ目は分からないようになります。

列の一番最後は鋸でカットしたものをはめ込みます。
ここは壁があってハンマーで打てないので、
引付金具を引っ掛けて内側に引っ張るように金具をハンマーでたたきます。
1179.jpg
そして、カットした板の残りは次の列の一番始めに使います。

←板の伸縮があるので壁との間に少し隙間を開けます。
緑のKeile(楔・くさび)をはさみ隙間を取ります。

ドアのところとかちょっと柱が出ている部分が難しかったー
他にも床付近からテレビとか電話の線が出ていたりとか
家は違いましたが、ハイツングの柱が床から出てたりとか難しい場所アリです。

こういうところでプロと素人の差がでちゃうのかな、と思います。


巾木(幅木)を付ける


1183.jpg
板を全部敷き終わったら、壁との隙間を隠すために巾木を置いていきます。
巾木は壁に金具を取り付けてはめ込んだりする方法もありますが、
うちは強力ボンドで留めました。

Innenecken(入隅)、Außenecken(出隅)の角の部分は上で挙げたカバーでつなげています。

仕上げ


1189.jpg1191.jpg
ドア付近など巾木が置けないところもあり、そういうところをカバーする商品もたくさん売っています。
Übergangsprofileと言って、巾木が売られているところのそばに置いてあると思います。
色々な形状・種類のものがあるので、部屋に合うものを選びます。

Übergangsprofileも付けられないような細かいところは茶色いシリコンでカバーしました。
床用のシリコンも床の色に併せて何色か売っていました。


完成


0891.jpg
無事完成しました~!
これから半年経ちますが、特に不都合も出てきておらずほっとしています。

濃い目の茶色にしたのですが、傷も付きにくくて
私の髪の毛が落ちても目立ちにくく(笑)気に入っています。

始めは寝室とリビングだけにしようかと思ったのですが
板を買いたして廊下とキッチンも施工してしまいました!

もともと廊下とキッチンにはフローリング柄の絨毯?(クッションフロアっていうんですかね?)を前の住人が出ていく時に敷いてくれたのですが、かなり雑だったし色も違うので気になってしまって…

かかった費用&時間


よく覚えてないので大体なんですが…
気になる方も多いかと思いますので紹介したいと思います!

主に掛ったのが、下記ですが他にも道具など色々買っているので500EURは掛っているかな??

・ラミネート板 約220EUR
・巾木 約60EUR
・角カバー 約40EUR

・防湿シート 約35EUR
・防音シート 約55EUR

施工した広さは50㎡弱くらいで、材料は安売りのものを多く選んでいます。
特に板や巾木は選ぶものによってはこの2倍、3倍以上かかります。


ドイツでは多いと思いますが、うちのアパートも昼の12:00~15:00と夜18:00以降は
工具などを使ってはいけないという決まりがあるので作業できる時間は限られています。

少しずつ進めて行ったのですが、大体1部屋2~3日位でできたと思います。
一気にやれば1日で終わるかも。


長くなりましたが、以上で私の床工事体験記?はお終いです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました☆
関連記事

bb

「ドイツでみつけたもの」すべてが珍しいものばかりで、記念に記録中。
お菓子や雑貨、日用品を紹介しているブログです。

現在は日本へ帰国しています。
こちらに記載の内容は2013年夏までのものとなります。最新の情報はご自身で確認くださいますようお願い致します。
私&ブログについて

メーカー・ブランド別カテゴリ

月別アーカイブ

2014年 09月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【9件】
2013年 01月 【10件】
2012年 12月 【11件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【18件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【15件】
2012年 02月 【14件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【2件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【7件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【21件】
2011年 01月 【25件】
2010年 12月 【27件】
2010年 11月 【19件】
2010年 10月 【17件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【9件】
2010年 04月 【15件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【10件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【22件】
2009年 07月 【11件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【13件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【18件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【11件】

Unique: (08年11月24日より)

QLOOKアクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
40位
アクセスランキングを見る>>

姉妹サイトのご案内

ドイツ便利帳
http://doi2.net
ドイツ・ミュンヘンの生活情報・観光情報について書いています。

新着記事

ドイツショッピング

(※各ショップへリンクしています)

おすすめドイツ本

※アマゾンにリンクしています。

驕れる白人と闘うための日本近代史 (文春文庫)

日本の歴史についてドイツ語で書かれドイツで出版された本の翻訳盤。


ドナウの旅人〈上〉 (新潮文庫)

ドナウ川沿いに旅する母と、追いかけてきた娘とドイツ人の恋人の物語。上巻はフランクフルトやニュルンベルクなどドイツが舞台になっています。


Langenscheidt Power Worterbuch Deutsch

ドイツ語学習者向け独独辞典。


おすすめドイツ語参考書については「初級~中級者向けおすすめドイツ語参考書」でも紹介しています。